読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

森友学園に1億3400万円で売却された国有地の場所は、地図でどこ?

これまで基本的には順風でやってきた安倍政権ですが、ここへきてちょっとした問題が急浮上しています。

現在、国会で追求されているのが、国有地の払い下げに関する問題

値段が安すぎるんじゃないのという話に加えて、買ったほうの法人には安倍首相の奥さんが関係していると言うのです。
いやはや、安倍首相もまた、これまで短命に終わった政権の首相たち同様、スキャンダルにまみれてしまうのでしょうか。ここが正念場かも知れません。

ここではその売却された土地がどこなのか、関連情報とともにメモします。


売却された国有地の場所はどこ?

まず場所を確認してみます。

名神高速沿いで、豊中JCTの近くです。

「動かす」に切り替えると操作できます。

買ったのは森友学園

この土地を購入したのは、大阪の淀川区に本拠をおく学校法人「森友学園」。
報じているところと報じていないところがありますが、塚本幼稚園という私立幼稚園を運営しています。
この塚本幼稚園、知る人ぞ知る幼稚園で、愛国教育を柱に幼児教育をしています。
教育勅語を朗読させることでも有名。

森友学園は、この塚本幼稚園で培った教育方針をさらに小学校にも延長・発展させようとしていて、そのための土地を購入。
その土地こそほかならぬ、今国会で追求されている大阪の土地というわけです。


スポンサーリンク


瑞穂の國記念小學院は安倍晋三記念小学校?

件の小学校は今春開校予定で、名前を「瑞穂の國記念小學院」と言います。
日本初の「神道の小学校」だそう。

で、ここの名誉校長となっているのが、安倍昭恵さん=安倍首相の奥さん、なんですね。

その上、森友学園がこの新設小学校設立のための寄付を募った際、その振り込み用紙には「安倍晋三記念小学校」と記載されていたらしいのです。

「1口1万円で寄付を呼びかけられたのは、2014年のこと。森友学園がちょうど大阪府に小学校の新設認可を申請していた時期で、経営する『塚本幼稚園幼児教育学園』の園児の保護者に、ゆうちょ銀の払込取扱伝票を何度も配っていました」(保護者のひとり)

伝票(写真)には「安倍晋三記念小学校」の文字がしっかりと記されている。この幼稚園は園児に「教育勅語」を暗唱させる“愛国教育”で知られる。
出典:大阪・森友学園 寄付募った名称は「安倍晋三記念小学校」 | 日刊ゲンダイDIGITAL



仮にも首相の名前を使うのですから、安倍首相自身がこのことを知らなかった、とは考えにくいですよね。やはり安倍首相と森友学園とは、かなり密な関係があるのでは、と感じてしまう話です。

国有地売却は安すぎたのか?

そもそも、元をたどれば売却した価格が本当に不適切に安かったのかどうか、という点がひとつのポイントです。

地下からゴミが出て来てしまったので、その処理費用分を割り引いた、という理由が挙げられていますが、それにしても大盤振る舞いではなかったか、という見方も強い。

この記事のテーマはとりあえず「場所の確認」なので、これ以上はふれません。いろいろニュースになっているので、ご覧になることもあると思います。みなさんどうお感じになるか。

ともかく安倍首相、きちんと疑惑を晴らして欲しいですね。

スポンサーリンク