読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女スパイ二人組が金正男氏を毒針で襲撃? 使用された武器は万年筆型か懐中電灯型か?

北朝鮮の指導者の金正恩(キム・ジョンウン)氏の兄である金正男(ジョンナム)氏が2月13日、マレーシアで死亡したと伝えられています。
このニュースにはまだ確証がとれていないようですが、ネットではかなり拡散しているのが現状。

それらの情報によると、正男氏は二人組の女性スパイによって、毒針で襲撃された、と言われています。 字面だけみているとサスペンスアクションさながらで、フィクションのようです。

事の真偽とは別に、この「毒針」によるテロが北朝鮮では一般的なものなのかどうか、調べました。

この記事の目次



毒針攻撃をする武器には万年筆型と懐中電灯型がある

ネットで少し調べただけでも、北朝鮮が使用する毒針の攻撃方法が出てきました。

私が目にした情報では、後に引用をつけますが、二つのタイプがあるようです。

ひとつは万年筆型。 一例だとは思いますが、長さは130ミリほど。10cm余りですから、普通の万年筆とそう変わりはありません。

もうひとつは懐中電灯型。こちらも16cm余りなので、小型のマグライトくらいでしょうか。

有効射程はどちらも10メートル
かなり遠くから狙うことができます。・・・怖い。

10ミリグラムの摂取で即死=国立科学捜査研究院が、アン氏が所持していた毒銃と毒針、毒薬カプセルを鑑定した結果、これらの武器は攻撃された人が即死するほどの威力があった。毒銃は万年筆形の単発型と懐中電灯形の3発型の2種類があった。長さ130ミリメートルの万年筆型毒銃と165ミリメートルの懐中電灯型毒銃はともに有効射程距離10メートルだ。ボールペン形の毒針からは11ミリメートルの長さの毒針が飛び出してくる。この毒銃の弾頭や毒針が打ち込まれると猛毒性物質のブロム化ネオスチグミンが人体に注入される。この物質は10ミリグラムが体内に入っただけで呼吸が停止し心臓まひにより即死することになる。
出典:北朝鮮の「毒針テロ」その威力は… | Joongang Ilbo | 中央日報



スポンサーリンク



毒針武器の動画

こちらの記事には、動画が掲載されています。

videotopics.yahoo.co.jp


007かよ、、、

ボールペン型は、キャップを回転させてから押すと毒針が飛び出るらしいです。

キャップを5度回して押すと毒薬を仕込んだ弾丸が発射される。下はボールペン型の毒針。キャップを5度回して押すと毒針が出る
出典:asahi.com(朝日新聞社):毒針ボールペン、懐中電灯型の銃…北朝鮮の暗殺武器公開 - 北朝鮮関連



本当にこういうものがあるんだなということも驚きですが、こういうものを使って実際に工作員が活動しているのだと思うと、心底怖いですね。
今回の正男氏の件に同じものが使われたのかどうかはわかりませんが、ニュースが事実だとすれば、これらに近いものが使用されたのかも知れません・・・。

追記(2017/02/15)

やはり情報があれこれ飛び交っています。 ANNは以下のように報じていて、毒針説とは違う内容が報じられています。

空港内で突然、女が何らかの液体が付いた布を顔にかぶせ、男性は目の痛みを空港職員に訴えたということです。男性はその後、病院に搬送されましたが、途中で死亡したということです。 出典:液体ついた布が顔に…遺体は病院に安置か(テレビ朝日系(ANN)) - Yahoo!ニュース

スポンサーリンク