読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JA京都でコメの産地偽装? 京山の場所はどこ?

中国の食品偽装問題がかねてから話題になっています。
他人事ではないな、と頭ではわかっていても、何となく「自分のところは大丈夫」という感覚があるのも事実。 しかし、そんな私たち日本人に衝撃のニュースが報じられました。

JAグループ京都の米卸「京山(きょうざん)」が、滋賀産、魚沼産として販売していたお米に、中国産が混入しているのではないかという疑いが急浮上。
たいへんいやなニュースです・・・。

今回はこの米卸会社の「京山」の住所や地図、画像を調べました。

この記事の目次



京山の米に中国産が偽装混入? ニュースの概要

以下ニュースの引用になります。
(*本誌とは『週刊ダイヤモンド』誌。)

JAグループ京都の米卸「京山(きょうざん)」が販売する複数のコメに産地偽装の疑いがあることが本誌の調べで分かった。専門の検査機関に産地判別を依頼したところ、「滋賀産」や「魚沼産」として売られていたコメに中国産が混入しているとの結果が出たのだ。
JAグループは農家が組織した農業団体だ。「農家がつくった組織なら産地偽装はしないはずだ」と信じてコメを買ってきた消費者もいるだろう。しかし、京山のコメを調べると、そうした消費者の信頼を裏切る疑惑が次々と飛び出して来た。
出典:「JAのコメ」に産地偽装の疑い、魚沼産に中国産混入 (ダイヤモンド・オンライン) - Yahoo!ニュース



中国産米が混入していた割合は?

中国産米と言えば、都市伝説にもなっているプラスチック米が脳裏をかすめます。
先日見たワイドショーでは、ポリ袋が素材として混入されていた、なんて言ってましたね。小倉さんのやつだったと思います。

さすがにそこまで酷くはないと思います(願いたいです)が、混入の割合はシャレにならない程ではないかと疑われている。

本誌は、京山が精米・販売したコシヒカリ4袋(各5kg)を「京都ひがしやまいちば楽天市場店」で購入し、産地判別において実績がある同位体研究所に検査を依頼した。
2週間後、検査結果を見て目を疑った。「滋賀こしひかり」の10粒中6粒が中国産と判別されたのだ。
出典:「JAのコメ」に産地偽装の疑い、魚沼産に中国産混入 (ダイヤモンド・オンライン) - Yahoo!ニュース



10粒中6粒! 6割というのが仮に常態化していたと考えると、これはもう国産米に中国産米を混ぜたのではなく、中国産米に国産米を混ぜた、というイメージですね。

『ダイヤモンド』誌によると偽装が疑われているコメは三つもあります。
・滋賀こしひかり(価格2300円 5kg)
・京都丹後こしひかり(価格2450円 5kg)
・魚沼さんこしひかり(価格2980円 5kg)


株式会社京山とは?

問題の京山とは、いったいどんな会社なのでしょう?
ウエブサイトを見ると、「未来のきらめく食卓のために 私たち京山はお米を通じて 豊かで健やかな食文化を発信します」とトップページにあります。

http://www.kyozan.co.jp/

また、JAグループ京都は、京山の株式保有、つまり出資をしている。

京山の発行株式の55%以上をJAグループ京都で取得する、というインフォメーションがありました。

JAグループ京都は、3月30日のJA京都中央会理事会で、米卸会社・(株)京山の株式を保有し、出資することを決めた。(株)京山の発行株式の55%以上をJAグループ京都で取得する。(株)京山は5月の株主総会で承認を得る。
出典:第1080号|特集(1)



これはJA京都にまで影響が及ぶニュースになりそうですね。


スポンサーリンク



京山の場所はどこ?

偽装が疑われている現場をどこと見たらいいのかまだわかりませんが、京山の物流センターが、京都府京都市伏見区横大路鍬ノ本46番地と、京都府長岡京市神足典薬15-8 にありました。


地図で示すと京山はどこ?

伏見のほうのセンターは、地図で示すとこのあたりのようです。

「動かす」に切り替えると操作できます。


ストリートビュー

画像も見てみましょう。


おわりに

ニュースを受けて場所を中心に調べてみましたが、みればけっこう大きな会社です。

日本の食料の根幹であるコメを、それも日本の古都で商っているのですから、それもうなずける話。
今後、このニュースがどのように展開するのか、ちょっと不安もありつつ、気になります。

国産ならば安全、というのはやはり神話にしか過ぎなかったのでしょうか? JAと言えばTPP反対の牙城、昔で言う農協です。 国産食材の安全性も謳っていたはずですから、遺憾な成り行き。 まさか京都の他でも似たようなことがあるのでは???と心配になってきますね。


追記(02/16):JA京都側が反論

続報が入ってきました。 京山も含むJA京都側が週刊ダイヤモンドを訴えたそうです。 JA側は、今回のダイヤモンドの記事は事実無根と主張している。 真っ向対立ということですね。

中国産米をブレンドしたコメを国産米として販売していたとする週刊ダイヤモンドの記事で信用を傷つけられたとして、JAグループ京都などが16日までに、発行元のダイヤモンド社(東京)などに総額4400万円の損害賠償や謝罪広告などを求める訴訟を京都地裁に起こした。 出典:ダイヤモンド社を賠償提訴=「コメ産地偽装」記事で―JA京都 (時事通信) - Yahoo!ニュース

できれば偽装なんてあって欲しくはない、とは誰もが思っていること。 事態の推移を見守りたいです。

スポンサーリンク